ダイエットを成功させるお弁当づくりのコツ

自分でお弁当を作るメリット

ダイエット中の昼食には、手作りのお弁当がおすすめです。自分でお弁当を作るようにすれば、外食と比べて脂質や糖質を減らすことができますよ。食材や調理法の選び方次第では、ボリュームはありながらも、カロリーが低めの満足度の高いお弁当を作ることも可能です。凝った料理をきちんと作ろうとすると、なかなか長続きしないので、電子レンジやオーブントースターなど調理が簡単にできる電化製品を上手に活用して作るようにしましょう。

電子レンジで野菜料理を作ろう

野菜を加熱する際には、茹でるよりも電子レンジで加熱した方が、栄養素が水に溶け出すことがないという点で優れているといわれています。ブロッコリーやカリフラワーといった温野菜の代表的な食材のみならず、ほうれん草や小松菜といった葉物の野菜も電子レンジで加熱して使いましょう。加熱後は、冷水に取った後に絞って、胡麻和えや酢味噌和えにして好みの味付けをすれば、手軽にお弁当の一品を作れます。ミネラル豊富な塩昆布で味付けするのもおすすめです。

オーブントースターで肉料理を作ろう

肉料理を作る時には、フライパンに油を敷いて炒めるという調理法がよくみられます。ダイエットで脂質をカットしようと心掛けている時には、フライパンではなく、オーブントースターで加熱することで、油を使わずに美味しく仕上げられます。塩コショウや、味噌などで下味を付けた肉をアルミホイルに乗せ、オーブントースターで焼けばメインのおかずが出来上がりです。肉は、鶏肉であれば、もも肉よりささ身やむね肉、豚肉や牛肉であれば、ばら肉よりもも肉、と脂身の少ない部位を選ぶのがポイントです。

フェアリーレシピというのは、女性にとってもほしいと思える、バストアップのサプリメントです。胸が小さくて悩んでいる女性には必見です。